Broad WiMAXの初期契約解除って?実はかなりありがたい内容!

Broad WiMAXには初期契約解除というクーリングオフのような制度が用意されています。

この初期契約解除はどういった内容なんでしょうか?

クーリングオフのような制度ということは無料で解約ができるということなんでしょうが、何か裏があるのでは?こう思ったいる人は意外といると思います。

今回はBroad WiMAXの初期契約解除について詳しく解説していきます。

 

Broad WiMAXの初期契約解除ってそもそも何?

Broad WiMAXの初期契約って何?ということですが、8日以内であったら違約金なしで解約ができる制度のことです。

本来であればこの時期の解約では違約金として19000円が発生するんですが、それが無料になります。

いざBroad WiMAXを利用し始めたものの解約したくなることもありますよね。例えば電波が思ったほど繋がらなかったり、あるいは速度が遅かったり。

そんな時に無料で解約ができるのはありがたいですよね。

 

Broad WiMAXの初期契約解除でも料金が発生するものはある

ちなみに違約金なしで解約ができると言いましたが、無料になるのは違約金だったり、あとは初月分の料金だけであって、以下の料金は発生してしまいます。

  • 事務手数料の3000円
  • 端末を返送する際の送料

これらの料金は発生するものの、必要最小限の出費に抑えられるので結局はありがたい解約制度であることには変わりありません。

 

Broad WiMAXで初期契約解除をする方法

では実際に初期契約解除をする方法を見ていきましょう。

 

①まずは8日以内に連絡を入れる

まず最初に8日以内に初期契約解除をするということを連絡する必要があります。この8日以内というのは端末が到着した日から8日以内です。

連絡の方法は電話か専用の申請書です。電話の方が確実でおすすめです。

 

②連絡後7日以内に端末を返却する

次に先ほど連絡を入れた日から7日以内に端末を返却します。返却が遅れるとそれでも罰則金のようなものが発生しますので、それも注意してください。

ちなみにGMOとくとくBBなんかも初期契約解除制度は用意されています。

ただ、GMOとくとくBBの場合は端末到着から8日以内に端末を返却する必要があります。これけっこうタイトなスケジュールですよね…

Broad WiMAXの場合は端末から8日以内に連絡し、そこから7日以内に返却すればOKです。つまり最大で15日間の猶予があるということですね。

この点ではBroad WiMAXの方が優れているなと思いました。

 

まとめ:Broad WiMAXの初期契約解除はありがたい制度

Broad WiMAXの初期契約解除はありがたい制度であることがわかったと思います。

エリア判定ではちゃんとエリア内だったのに、いざ使ってみたら電波が悪かった…なんてことも可能性としてはあります。

こんな時に初期契約解除は使えるので、いざという時はありがたく使わせていただきましょう!

 こちらの記事もどうぞ